国立テキスタイル博物館(国立繊維博物館)をチラ見。

マレーシア:クアラルンプール(2018年2月)

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局)の隣は、国立テキスタイル博物館(国立繊維博物館)。横断歩道を渡ると目の前にあります。
観光客の出入りもそれ程なかったので、ゆっくり鑑賞できそう。
今回は時間がなかったので入館は断念。
場所の把握はできたので、次回の下見ということに。

【国立テキスタイル博物館(国立繊維博物館)】
おすすめ度:★★
スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局)をこじんまりさせた感じ。
こちらもキレイに修復してあり、屋根が白なので落ち着いた建物。
次回この辺りを散歩する時には、是非 訪れてみたい。
テキスタイル好きには、垂涎もののコレクションらしい。
無料だしね。

時間:9時〜18時
定休日:イスラムの祝日 アイディルフィトリ(Aidilfitri)、アイディラダ(Aidiladha)
住所:26 Jalan Sultan Hishamuddin, 50050 Kuala Lumpur
入場料:無料
サイト:http://www.muziumtekstilnegara.gov.my

=======================

ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 OL日記ブログ 40代OLへ
クリックして頂けると、励みになります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました